B型肝炎の予防

B型肝炎にかかる原因ですが、B型肝炎ウイルスを持ったお母さんから分娩のときに赤ちゃんにうつる場合や、性行為による感染などです。
また、B型肝炎ウイルスに汚染された血液を輸血してB型肝炎になったなど人がニュースになっています。

しかし、B型肝炎にかかっていても発症しない「遺伝子型A」というB型肝炎があり、本人が気づかなければ、知らない間に赤ちゃんにうつしてしまっているケースもあります。
その場合は、原因不明ということになります。

B型肝炎ウイルスが体内に入ると肝臓にすみついて肝炎が慢性化し、肝硬変や肝臓がんを起こします。
肝炎になると「黄疸(おうだん)」という症状が出ます。
しかし、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、自覚症状がないため肝硬変や肝臓がんになるまで気づけないことがあります。

血液検査を行うことで、B型肝炎にかかっているかがわかります。
かかっているとわかったら病院に行き、肝臓の状態を診てもらいましょう。
たとえB型肝炎ウイルスに感染していたとしても、医療機関で適切な治療を受ければ、肝硬変や肝臓がんになるのを防ぐことができます。

B型肝炎を予防するためには、「B型肝炎ワクチン」を接種することで、現在の日本では任意接種となっていますが、WHO(世界保健機関)は赤ちゃんが生まれたらすぐに、B型肝炎ワクチンを国の定期接種として行うことを推奨しています。
B型肝炎のワクチンを接種した方がいい人ですが、B型肝炎にかかったお母さんから生まれる赤ちゃんや、血液や体液に接する可能性の高い医療機関に勤める方々などです。


■特別外部リンク
B型肝炎の給付金を請求するための書類作成や国との交渉を行ってくれるサイトです >> B型肝炎 給付金